STUDIO MANNER

 
 

バレエスタジオとしての代表的なマナーです。

日頃から徹底しましょう

 
 

​挨拶

 

気持ちの良い挨拶からバレエは始まります

 
 

バレエを習う/学ぶ際の礼儀として挨拶は基本となります。スタジオ講師へ対して・助手講師へ対して・特別講師の方へ対して・発表会時の舞台スタッフの方々へ対してetc..

『お早うございます』や『宜しくお願いします』/『有難う御座いました』や『お疲れ様でした』

教えていただく立場、準備していただく立場を弁え挨拶は自ら率先して行うことが出来るよう幼い頃から徹底しましょう。

 
少女はバレエシューズをアップレーシング

更衣室でのマナー

 

​みんなの更衣室、長居せず次の人のことを考えて

 

当スタジオの更衣室は狭い設計で造られており、本来レッスン着へ着替える・私服へ着替える場所です。その為『早く入ったものから素早く着替えを終わらし早く出る』が原則です。長々とお話をしたり、自分の荷物を広げて場所を取ったり等は迷惑行為となります。次に使用する方のことを考え綺麗な更衣室を保ちましょう。

 
 
 

​レッスン中のマナー❶

 
 
 

​学びに来ている立場認識をもちましょう

 
 
 
 
 
 

・当たり前のことですが、レッスン中の私語は厳禁です。話しかけられた方の迷惑になるような行為はしてはいけません。レッスン中に質問があれば講師へ尋ねましょう。

・講師が説明をしている時や生徒へ指導している時は周りの方が見やすい位置で聞きましょう。レッスン中の説明・指導は全ての生徒に関係のある内容です。自分自身今一度見直す機会にもなるので聞き逃さぬよう集中しましょう。​

 
 
 
少女はバレエシューズをアップレーシング

​レッスン中のマナー❷

 
 
 

周りの方への気遣い・配慮を

 
 
 
 

・周りの距離を保ちながらレッスンを行いましょう。踊っている最中に近づきすぎると衝突等怪我につながる可能性があります。立ち止まったり後ろ側にはけたりせず、速やかに端まではけましょう。

・レッスン中の座り込みは迷惑行為となります。体調不良等あれば講師へ一声掛け退室するようにしましょう。スタジオの過度な出入りは集中力を害する要因になりますのでお控えください。